FX初心者が大損しない勉強法 その⑩:マルチタイムフレーム(短期足)

この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

前回の記事では、押し目買いとブレイクアウトを、相場の環境に合わせて使い分けていく方法について、勉強することができました。

 

本日は、それらの方法を用いてエントリーを行う時に、短期足(15分足)に切り替えてエントリーを行うことによって、1時間足と15分足の2種類の足で、証拠を積み上げていく方法について、お伝えしたいと思います。

 

複数時間足を用いたトレードつまり、マルチタイムフレーム分析というものを用いることによって、あなたの手法は65%以上の勝率を達成することができるようになります。

 

 

マルチタイムフレーム分析(MTF分析)とは?

 

マルチタイムフレーム分析とは、を見てを見てを見るという考え方です。

自分が普段見ている監視足(1時間足)は、によって表されており、私たちが最も長い時間、見続ける時間足になります。

それにに加えて、もっと広い視野でつまり、で表されている長期足(4時間足や日足)のような時間足で、これから行く先に大きな壁(長期足の強力なライン)が立ちはだかっていないかの確認をするために必要になります。

 

そして、本日考えるエントリー足(15分足)はによって表されており、エントリーポイントに来た時にだけ、使用することなります。

 

短期足に切り替えるのが早すぎると、目線が枝だけに向いてしまい、簡単に損切りされてしまいますので、必ず、1時間足でエントリーポイントに来てから短期足に切り替えるようにしてください。

 

ただ、なぜ私たちはエントリーをする時に、15分足などの短期足に切り替える必要があるのでしょうか?そのまま、1時間足でエントリーしてはいけないのでしょうか?

 

実例を見ていましょう。

下記のチャートをご覧ください。

 

 

 

いちばん右側に、これまで勉強してきたように、トレンドライン抜けと戻り高値抜けを果たした優秀な第1波が形成されています。

その後、第2波の押しを作っている状況が見られると思いますので、初心者の方であれば、ある程度戻ってきたところで、エントリーしてしまうかもしれません。

 

しかしその時の15分足をご覧ください。

 

 

このチャートを見てみますと15分足は下落トレンドの真っ最中にあることが分かります。

 

では、その後チャートはどうなっていきましたか?

 

 

そのままズルズルと落ちて行って、反対にラス押しとトレンドラインを抜けていってしまったのです。

もし、1時間足だけを見て適当なところでエントリーすれば、そのまま損切りになってしまうことがあるのです。

 

では、どうすればよいのでしょうか?

 

マルチタイムフレーム分析(15分足)を使ったプロのエントリー

 

では、15分足を使ってどのように、高勝率のエントリーをおこなうことができるのでしょうか?

 

それはとても簡単です。1時足でおこなっていることを15分足でもおこなえばよいのです。

 

当然のことですが、エリオット波動第2波(押し)を形成している時には、15分足は下落トレンドを形成しています。

 

ですから、その下落トレンドに引かれるトレンドラインと、そこで形成されるラス押し値を抜けたところから、エントリーを行えばよいのです。

 

そうすることによって、あなたは1時間15分足の目線が完全に揃ったところで、エントリーを行うことができるのです。

 

このようにして行けば、先ほどの実例のような下落を、平然とスルーすることができるのです。

 

これが勝率が上がっていく秘訣です。

 

では、実際に、1枚のチャートを使ってそのことを確認してみましょう。

まずは、1時間足でエントリーの条件が整ったことを確認します。

 

 

その後、1時間足でエントリーできるところまで、押し目を作ったところで15分足に切り替えます。

 

 

そこに、トレンドラインとラス押しのラインを引き、その少し下にIFO 注文で売り注文を仕掛けをしておけば良いのです。

 

もし、そのまま値段が上昇していき、もっと深い押しを作りに行ったような場合は、エントリー自体をもっと深い場所に移動します。

そうする事によって、あなたはさらに有利なポイントで、エントリーをすることができるようになります。

では、結果はどうでしょうか?

 

 

このように相場の中で、「2つの時間足の目線がそろう」という優位性を重ねていくことが、勝ち組トレーダーとして安定していく秘訣なのです。

 

マルチタイムフレーム分析を使ってのエントリー実践練習

 

では、これまで学んできた1時間足と15分足を使ったエントリーを、実際におこなってみましょう。

 

これまで使用してきた1時間足のチャートと、エントリーポイントで使う必要のある15分のチャートを貼り付けます。

どうぞ、短期足にトレンドラインとラス押しを記入し、どのようにエントリーしたら良いのか、という感覚を体験してみてください。

 

 

 

いかがでしたか?

 

このように短期足を用いれば、最も適切な位置でエントリーを行うことができるということが、分かるのではないでしょうか?

正解は以下の通りです。

 

 

このように、1時間足と15分足を組み合わせて、エントリーを行うことによって、あなたのトレードはプロに近い、つまり優位性の極めて高いトレードになるのです。

 

次回の記事では、反対にに相当する長期足をできるだけ簡単に、自分のトレードに取り入れていけばよいのかを考えてみましょう。

これを知ることにより、せっかく辛抱強く待ってエントリーしたのに、叩き落されるということがなくなります。

ご期待ください。

 

まとめ

 

1時間足でトレンドラインとラス押しも抜けて、エリオット波動の第2波の戻りを形成したところで、15分足に切り替えてエントリーする必要がある。

 

なぜなら、押しを作っている最中は15分足では、下落トレンドの真っ最中であるため、そのまま下落していって、損切りになってしまう可能性がある。

 

それを防ぐために、15分足にもトレンドラインとラス押しを記入し、それを抜けたところでエントリーを行うことによって、1時間と15分足の目線が完全に揃った優位性の高いポイントでエントリーを行うことができる。

 

この手法の全貌を手っ取り早く知りたい方はこちら!

「保存版」FX初心者が大損しない勉強法:総集編(勝率70%相場の原理原則手法)
これまで全12回を通して、「FX 初心者が大損しない勉強法シリーズ」を考えてくることができました。そして、前回はその相場の原理原則手法というものが、どれくらいの勝率と利益を上げることができるかについても知ることができました。 »相場の...

 

最後まで、お読みくださり、本当にありがとうございました。

 

最速FX のケンジでした。

コメント